NPO法人えーる TEL: 080-3130-3567(平日9〜17時) E-Mail: npoyell_2010@yahoo.co.jp





ホーム>ご感想・ご意見など>よくある質問

よくある質問 

 【全般】
 Q. NPOってなんかあやしいんだけど…。
 
【コミュニティースペースえーる全般】
 Q. コミュニティースペースえーるって車で行ってもいいの? 
 Q. コミュニティースペースえーるのスタッフってどんな人がいるの? 
 
 【コミュニティースペース】
 Q.
 
コミュニティースペースを利用するのに、事前に申し込みはいりますか? 出入りは自由にできますか?
 Q. お弁当を食べることはできますか? おやつは持ってきてもいいですか?
 Q. 一人だとなんか入りづらいんだけど…。
 
 【一時保育】
 Q. 保育の申し込みはどうしたらいいですか?
 Q.
 
一時保育の利用の前には、必ずつどいのひろばを利用しなくちゃいけないの?
 Q. 急に保育をお願いしても大丈夫ですか?
 Q.  「200円/15分〜」となっているけれど、15分から預かってもらえるの?
 Q. どんな人が保育してくれるの?
 Q. 病気の時でも預かってもらえますか? 訪問保育はしてもらえますか?

このページのトップへもどる

  

 【全般】

  Q.   NPO ってなんかあやしいんだけど…。

A. NPOって名前がテレビなどのニュースに流れる時って、何か悪いことした時ですよね。ほんとこんなニュースを観るたびに、憤りとため息が出てきます。大半のNPOはよりよい社会づくりのため、営利を目的としない活動をまじめに行なっていますし、少ない予算の中でぎりぎりの活動を続けています。職員は自腹持ち出しもしばしばで、給与も低いというのが一般的です。
 
私たちが法人の中でもNPOを選んだ理由。それは「孤独の子育て、しんどい子育てをしている母親をなくす」という明確なミッション(社会的使命)があったからです。NPO法人は利益を上げることを目的に活動する法人ではありません。NPOは利潤を追求することではなく、それぞれの組織が掲げるミッションを達成するために活動します。社会的使命を達成するための法人。だからその設立のハードルはとても低く、設立費用はほとんどかかりません。それに加えて設立後も申請して、収益事業を行なっていない(=法律上定められた特定非営利活動を行なっている)と認められたら、法人税もかかりません。NPO法人は主婦でも経ちあげられる法人だったのです。
 
「NPOって非営利組織でしょ」「お金儲けしちゃいけないんでしょ」 実際よく聞く言葉です。NPO法人は特定非営利活動法人の略。非営利≠ニ銘打っているんだから、お金儲けはNGって感じですよね。でもNPOやボランティアが無償で働かなければならなかったら、経済的に余裕がある人、つまりお金持ちしかボランティアはできないことになってしまいますよね(^_^;)
 
日本でボランティアと言うと対価ゼロという考え方が一般的です。例えば今、大阪府の最低賃金は838円ですが、それよりも安価で労働する。その差額分がボランティア≠セと考えるのはどうでしょうか? 正当な賃金よりも安価で活動すること、相手に対して水準よりも安くサービスを提供することがボランティアだとすると、解釈の幅も活動の幅も広がりそうです。
 
同じ法人でも、企業とNPOの違いはなんなのでしょうか? 簡単にいえば、企業の使命は収益を上げることですよね。そしてNPOの最大の使命は「ミッション達成」となります。ミッション達成のためには活動資金が要ります。そのためにミッションや趣旨に賛同していただき、会員となって出資していただくほかに、事業で収益をあげていきます。そして利益は出資者に配分したり、役員が賞与などという形で受け取ることはせずに、次の活動資金にまわします。ここが企業とNPO法人と大きく違うところなのです。
 
正当な賃金よりもボランティアで安く働き、安くサービスを提供する。そして上がった収益は、次の活動資金として、ミッション達成のために活動の幅を広げたり、サービスを向上していくために使う。これがNPO法人の仕組みであり、働き方なのです。私たちはえーるを設立することでその働き方を選択したのです。
 
このページのトップへもどる

 【コミュニティースペースえーる全般】

  Q. コミュニティースペースえーるって車で行ってもいいの?

A. 隣接する平面駐車場、立体駐車場が無料でご利用いただけます。
駐車券をコミュニティースペースへお持ちください。

  
このページのトップへもどる
  Q. コミュニティースペースえーるのスタッフってどんな人がいるの?

A. 現在スタッフは理事4名を含む総勢19名で運営しています。スタッフは全員子育て真っ最中の母親で、えーるのミッションに賛同してくれた方にスタッフとして入ってもらっています。
  
このページのトップへもどる

 【コミュニティースペース】

  Q. コミュニティースペースを利用するのに、事前に申し込みはいりますか? 出入りは自由にできますか?

A. コミュニティースペース利用に申し込みは不要です。オープン時間にいつでもお越しくださいね。
平日10時〜15時はいつでもオープンしていますが、ミーティングの日などお休みする場合もありますので、お越しいただく前にフェイスブックページでご確認ください。
 
「午前中で帰るつもりだったけれど、やっぱり一緒にお昼ご飯食べたいな」そんな時もありますよね! そんな場合の出入りは自由です。ただ原則お子さんとご一緒の出入りをお願いしていますので、ご協力お願いします。
   
このページのトップへもどる
  Q. お弁当を食べることはできますか? おやつは持ってきてもいいですか?

A. お弁当はOKです! スタッフも同じ場所で一緒に食べています。
 
おやつは原則ご遠慮いただいています。他のお子さんが欲しがったり、またそのお子さんにアレルギーがあったりする場合がありますので。以上ご理解いただき、ご協力いただけるとうれしいです。
   
このページのトップへもどる
Q. 一人だとなんか入りづらいんだけど…。

A.ちょっと中を覗いたら、みんな仲良しそうに楽しげに話していたら、入りづらくなっちゃいますよね。でも、最初はほとんどの皆さん、子どもと二人きりで来てくれて、この場所で仲良くなったんですよ!
スタッフはもちろんですが、コミュニティーに集うみんなで、あなたのお越しをお待ちしています!
    
このページのトップへもどる

 【一時保育】

  Q. 保育の申し込みはどうしたらいいですか?

A.電話、メール、または直接コミュニティースペースえーるへお越しください。お名前・希望日時・年齢(月齢)をお聞きします。
 
原則7日前までにご連絡をお願いしていますが、急な場合もご相談ください。
 
一時保育ご利用の前に、まずはコミュニティスペースをご利用ください。

   
このページのトップへもどる
  Q. 一時保育の利用の前には、必ずコミュニティスペースを利用しなくちゃいけないの?

A.  はい、えーるでは「顔の見える関係」を大切にしています。お互いのことを知り合うことで、安心して預けていただきたいので、できるだけ事前にコミュニティスペースの利用をお願いしています。
 
子育ての「困った」にはいろんなケースがあります。それら一つひとつに対応することはむずかしいです。でもここに集い、出会い、話をして、信頼関係を築く中で、対応できることもあります。できるだけ柔軟に、子育ての「困った」に寄り添いたい。だから顔の見える関係を大切にしていきたいのです。
     
このページのトップへもどる
Q. 急に保育をお願いしても大丈夫ですか?

A. 原則7日前の予約をお願いしていますが、急な場合でもできるだけ対応したいと思っていますので、一度ご相談ください。
     
このページのトップへもどる

Q. 「200円/15分〜」となっているけれど、15分から預かってもらえるの?

A. 原則1時間以上からご利用ください。その後は15分単位になります。事前に健康チェック表などの記入をお願いしていますので、時間に余裕をもってお越しください。
     
このページのトップへもどる

Q. どんな人が保育してくれるの?

A. コミュニティースペースのスタッフが保育します。
スタッフは子育て真っ最中の現役お母さん。子育ての大変さが身にしみてわかっています!
スタッフには、安全面を第一に、実践に即した独自の研修マニュアルで随時研修を行なっています。
スタッフ、施設などなど、ご自身の目で確かめに、事前に一度コミュニティスペースに来てみてくださいね!

     
このページのトップへもどる
Q. 病気の時でも預かってもらえますか? 訪問保育はしてもらえますか?

A. 子育て中にはいろんなケースの「困った」がありますよね。その一つひとつにお応えしたい気持ちはあるのですが、力不足のため、その一つひとつに対応する力がありません。でもご相談いただければ、何かしらの対応なり、アドバイスなりができるかもしれません。「子育てに困った時にはえーるに相談してみよう!」と思っていただきたい。その信頼関係を作るためのコミュニティスペースなのです。スタッフと利用者が顔見知りになり、「とにかくえーるに相談してみよう!」「なんとか助けてあげたい!」と思い合える関係になれれば、と思っています(*^_^*)
     
このページのトップへもどる






だれもが かがやく まちづくり をめざして

NPO法人えーるは、2010年12月の設立以来、子育て・子育ち支援を中心とした活動を行ってきました。その活動を続ける中で、「こどもがかがやくまちづくり」をめざしているけれど、「子どもだけがかがやくまち」はあり得ない。貝塚に住む誰もが輝くまちとなってこそ、初めて子どもも輝くまちになり得るのではないか。そう考えるようになりました。そして2013年度から、「子育て子育ち支援」「まちづくり支援」の二本柱で、本格的に活動していくことにしました。




このページのトップへもどる









 えーるキャラクター
このページのトップへもどる
Copyright(C)  NPO法人えーる All Rights Reserved.

inserted by FC2 system